メラトニンのすすめ

どんなサプリを飲んでよいかわからない方はまずはメラトニンからどうですか。
主目的はグッスリ寝るためです。

加齢とともに体全体のホルモンが低下してきます。成長ホルモン、甲状腺ホルモン、ここでお話しするメラトニン、その他男性であればテストステロン、女性であればエストロゲン、プロゲステロン。これらが減ってくると老化が起こります。

メラトニンは脳の松果体というところから出るホルモンで体内時計として、睡眠・覚醒のリズムをコントロールします。
分泌にはリズムがあり朝低く、夜高くなります。30代後半から徐々に低下してきます。メラトニンが不足してくると深い睡眠が障害されます。
中高年の方で眠りが浅い、起床時に寝た気がしない、何度も起きるのでトイレに行く、という経験をお持ちの方は多いと思います。
睡眠が不足すると眠いだけではなく、ちょっとしたことでカゼをひきやすくなります。睡眠不足はもっとも大切な体の抵抗力まで低下させてしまうのです。

メラトニンは非常に安全で依存もありません。諸外国では街中で購入でいるのですが残念ながら日本では買えません。日本で購入するにはサプリメントとして通販かクリニックでの購入ですが、まずはクリニックでしっかり説明してもらってから購入するのが無難でしょう。
日本ではわざわざメラトニン受容体に作用する薬が睡眠薬として用いられてますが、威力を発揮するにはメラトニンそのものの方がよいのです。
使い方としては寝る1時間ほど前に服用します。通常のタイプと徐放タイプ(長く効くタイプ)がありますが、朝までしっかり寝るには徐放タイプが良いです。
使用量は個人差があるのですが、最初は1-2mgから開始するのが無難でしょう。熟睡できないようなら徐々に量を増やし20mg程度までは全く問題ありません。それ以上大量に飲むと寝起きが悪くなります。外国のサプリメントでメラトニンマックス60mgというのがありました。安全なことの証明ですね。ハル〇オンマックス50mgなんてありませんからね。

メラトニンにはほかにも有用な役割がたくさんあります。エネルギーの活性化、気分の改善、ナチュラルキラー細胞の増加、そして非常に強い高酸化力です。
人間は生きていく上で酸素を利用するのでその結果活性酸素ができてしまいます。この活性酸素が徐々に体を錆びつかせているのです。体の錆びつき、すなわちDNAへのダメージがすべての病気の原因となります。メラトニンは非常に強い高酸化力を持った物質なのです。これだけでも摂取する意義が十分あります。

中高年以降、睡眠の質の低下に加えて様々な疾患にかかることが予想されます。老化の原因の一つとしてホルモン低下を考えたときに、補充すべきホルモンはたくさんありますが、メラトニンは安全・安心・安価なホルモンとして非常に有用なのです。