コロナとうがい

ある知事さんがコロナにイソジンが効く?と発言し、瞬く間にドラッグストアからうがい薬がなくなってしまいました。 インフルエンザウイルスは上気道と肺の中で増殖しますが、コロナウイルスはそれよりもっと入り口に近い、舌奥や上咽頭…

NADと私たち

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という言葉を聞いたことはありますか。昔、高校の生物の先生が最も重要な物質であるということを強調されていました。そのころは聞き流していましたが、最近やっとわかってきました。 N…

オホーツクの旅

連休の前半、北オホーツクに行ってきました。 北海道の地方空港へは最近大阪から直行便がないので、羽田経由で女満別へ。 女満別は久しぶりでしたが、以前と変わらない風景がありました。 7月下旬にも関わらず気温17度、風が吹くと…

心不全と肺炎

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。 一方肺炎は、主に細菌やウイルスに感染することにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞という部位が炎症を起こす病気です。…

コロナと抗原検査

神戸市東灘区の当院にて、新型コロナウイルス感染症の抗原検査をはじめました。 基本自費ですが、医師が必要と判断すれば保険適応となる場合があります。 当院で導入した抗原検査は、現在新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調…

ビタミンCと心臓病

アメリカの循環器専門医であり弁護士でもある、トーマス・レビーという先生がおられます。ビタミンCの持つ素晴らしい治療効果、の啓蒙活動を行っておられます。私も実際に講演を拝聴し、懇親会で苦手な英語で質問したこともありますが、…

いびきと心臓病(2)

前回の続きです。 いびきと関係のある心臓病は不整脈、狭心症、心不全、高血圧、大動脈疾患などです。 心房細動は脈がバラバラになる、頻度の高い不整脈ですが、心房細動が続くと心房に負荷がかかり徐々に心臓が大きくなります。脈が速…

いびきと心臓病

いびきと心臓病のお話しです。 いびきは、眠った時にのどを支えている筋肉が緩むことで、空気の通り道が狭くなり、のどが振動して音がでることです。もともと日本人は顎が小さい人が多く、肥満、飲酒、睡眠薬によっていびきが出現しやす…