睡眠時無呼吸症候群(SAS) | 東灘区六甲アイランド 三上内科クリニック | CPAP療法

アイランドセンター駅徒歩3分 TEL:078-855-5031

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきがひどい、日中眠い、夜間尿に頻回に起きる、こんな症状でお悩みの方はまずご相談ください。
当院で簡単にチェックできます。

携帯型睡眠評価装置

携帯型睡眠評価装置

睡眠時無呼吸症候群の診断に用いる器械です。
自宅に持ち帰っていただき寝ている間に装着するだけで睡眠中の無呼吸の判定ができます。
5分程度で結果が出ます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

本来人間は鼻から呼吸をします(鼻呼吸)。ところが、肥満・骨格の問題・鼻づまり・腫瘍等で鼻の孔からのどまでの空気の通り道(上気道)が狭くなると、呼吸の際に圧力がかかるため上気道の粘膜が振動します。これがいびきの正体です。いびきはまわりの人の睡眠の妨げになるだけではなく、背後に睡眠時無呼吸症候群が隠れているのです。

睡眠時無呼吸症候群の気道

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に何度も呼吸が止まり、夜間に十分な呼吸ができなくなる病気です。 日中の強い眠気や居眠りに繋がり、放置すると心臓・血管系の病気や多くの生活習慣病も引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群の診断

いびき、日中の眠気、起床時の頭痛など疑いのある時にはまず自宅でできる簡易検査を行います。簡易検査で1時間当たりの無呼吸の回数が40回を越えれば後述すCPAP療法が保険適応となります。

40回以下の場合で強く疑われるときには病院で1泊2日のPSG検査(ポリソムノグラフィー検査)を行います。この検査で無呼吸の回数が20回以上であればCPAPを行います。

睡眠時無呼吸症候群の治療

まずは体重管理、寝る前のアルコールは避ける、といった生活習慣の改善をおこないます。多くはこれだけで解決するのは困難ですので、医療器具による治療を行います。
物理的に上気道が閉塞しているので治療は口腔内装置(マウスピース)で下顎を前に出す治療か、あるいはCPAPで上気道の閉塞を改善する治療です。

PAGE TOP