血をサラサラにする薬

血をサラサラにする薬についてのお話しです。脳梗塞や心筋梗塞の予防・治療に広く使われています。

人間の体は頭の先から足の先まで血管が張り巡らされており、常に血液が循環しています。血管の中を滞りなく血液が流れることで細胞、組織、臓器が正常に働くのです。
一旦血液が滞るとそこに血栓と呼ばれる血の塊ができて血管をふさぎます。代表的な血栓による病気は、急性心筋梗塞、脳梗塞、急性肺塞栓症です。

正常な血管では血液は滞ることなく流れます。ただし血管に傷がつくとそこを修復しようとして血の塊ができ始めます。血管の傷とは心臓や脳の動脈硬化、あるいは治療のために入れたステントなどです。あるいは同じ姿勢をして血管を動かさないでいると流れの遅い静脈では血液が滞り固まり始めます。

血管に傷ができるとそこに血小板が集まりフタを作ります。その後フタを強固にするために凝固という過程があり、それで傷をふさぐのです。一般的に、流れの速い動脈に血栓ができるには血小板の働きが重要で、流れの遅い静脈の血栓には凝固因子が関係してきます。

血をサラサラにすることを抗血栓療法と呼びます。それには抗血小板剤と抗凝固剤という2種類の薬があります。
綺麗な血管、若い血管は勝手に血液が流れますのでそのままで良いのですが、タバコ、糖尿病、高血圧にさらされた動脈硬化の血管、あるいは血管を広げるために治療で入れたステントのような異物に、血栓ができないようにするには抗血小板剤が必要です。一方同じ姿勢をとることで足の静脈に血栓ができるエコノミークラス症候群や、心房細動という不整脈による脳梗塞予防には抗凝固剤が必要となってきます。

さて、狭心症で冠動脈にステント治療をして抗血小板剤(アスピリン、プラビックスなど)を処方されました。あるいは心房細動と診断され脳梗塞予防に、ワルファリンやイグザレルトを処方されました。このような患者さんは非常に多いのですが、注意すべき点は出血です。
抗血栓療法での副作用としての出血は大出血(脳出血、消化管出血など)と小出血(歯肉出血、鼻血など)に分けられます。本来起こってはならないのですが、わずかな確率で生命に影響を与える大出血が副作用として起こるのです。他の薬との相互作用、併用で確率が上がる場合があります。また低体重、フレイル、透析患者、貧血などは出血リスクが大きいのです。

もともと心房細動があり抗凝固療法を行っている患者さんで、狭心症が見つかりステントを入れることになりました。このようなケースは多々あるのですが、この場合、一時的に抗凝固療法と抗血小板療法を同時に行う必要があります。非常に血が止まりにくい状況になります。抜歯や内視鏡でのポリープ切除はできるだけ延期する必要があります。

血をサラサラにする薬はどれも非常に優秀な薬で、長期にわたる内服が必要ですが、その後の病気の再発や血栓症を予防してくれます。ところが何をするにも血が止まりにくくなることを理解してください。
血をサラサラにする薬をのんでいる方、あるいは今からのみ始めようとする方は注意点や薬ののみ合わせなどを、主治医にしっかり相談してみてください。

在りし日の新千歳